Latest Entries

移動運用にGITZO三脚(G1118)

 徒の移動でアンテナを保持する軽量三脚が必要と感じ、候補はスリック450G-8、500G-8。ポッチとするのをこらえ、GWの後半初日、ハードオフへ。期待もせずコーナーへ行くと、特徴あるハンマートーンを発見、GITZOです。値札は即買い価格。レジに行く前、脚の伸縮、エレベータの昇降、雲台の固定力などなどチェック、合格。レジでGWキャンペーン20%offでした。多少重いですが、GITZO G1118(G1171雲台付き)を手に入れました。

GITZO 三脚 G1118 + G1171
GITZO 三脚 3段エレベーター1型 G1118(雲台G1171付き)です。程度良く、ほとんど使っていないようです。このG1118なぜか情報があまりありません。購入金額が@4,320。付いている雲台G1171が買えるかどうか?ですので、個人的に喜んでいます。

GITZO 三脚 G1118 + G1171
こんな感じで、トップの金物にはM型ジャックがあり、モービルBS7やバイコニカルアンテナが接続できます。黒色3段ポールの先端はカメラ固定用の1/4インチネジがあり、自作4エレループなど、色々付けられます。

ある日のAM・PM 移動運用

AM(午前)
朝から、どしゃ降りのAM。バイコニカル アンテナをマグネット基台に付け、車の屋根上へ。窓を少し開けケーブルを引き込みます。サイド(窓)バイザーの掃除は大変ですが、そのおおかげで、ケーブルが U 字になり、雨は入らず快適です。
移動運用 AM


PM(午後)
雲が低く薄暗い、雨上がりのPM。屋根のバイコニカルはAMの運用そのまま、ひよどり山付近に移動。ここのロケーションは最高です。
移動運用 PM


AM/PM、延べ2時間、11局と交信できました。
交信していただいた局長さんありがとうございました。

バイコニカルアンテナと移動用ケース

 コメット CBC-70 バイコニカルは利得6.0dbiで利得数値は常置場所のGP-1と同等。FT1XDと自作4エレ帯綱ループ移動運用でCQ呼出に疲れ、SRH779で応答にまわると利得不足を感じます。CBC-70 バイコニカルならば、利得不足感も解消できると思い、西八王子のハムショップで購入しました。

 
バイコニカル CBC-70
 横にあるのは9V 006P形 角型です。大きさが分かると思います。

バイコニカル 移動用箱
移動運搬中、エレメントが曲がると壊れるため、移動用ケースを作りました。水玉が・・・、。フィールドでは目立ち良いと思います。(そう思うことにします)

バイコニカル 移動用箱パーツ
材料は全て100円ショップ、原価400円です。 が、試行錯誤で実際は3倍ほど買い込みました。

バイコニカル&デイバック
25リットル デイバック。 まだ余裕があり、4エレループも入りそうです。(*^_^*)

続きを読む

マイクアンプ&TA2011Sコンプレッサ

 アマチュア無線の交信をハンドマイクから、ダイナミックマイク(ボーカルが使うマイク)で行うため、1石アンプとTA2011Sコンプレサを作りました。先にTA2011Sコンプレッサを作り、マイクをIC-8200DのACCへ接続したのですが、ゲイン不足のため、前段に1石アンプを追加しました。ある局と2m SSB でテスト交信したとき、回り込みがあり、音がプツプツと途切れるという報告を受け、テスト時の設定でSSB は使えないことが分かりました。テスト結果を踏まえ、アルミケースに入れるのは見送り、別回路を試みるとして、IC-820Dのマイクコネクターにマイクを接続することにします。

1石アンプ+TA2011Sコンプレッサー


●1石アンプ(2SC1815GR)
 回路は、キャリブレーションサイトで紹介されている「マイクアンプ」同じです。200Ω半固定抵抗の手持ちが無く1kΩの半固定抵抗と並列に280Ωの補正抵抗をいれ0~218Ωの可変としました。可変カーブは分かりませんがゲイン調整でき問題なく使えています。(そのうち200Ωを入手し交換予定)
1石アンプ
1石アンプ


●TA2011Sコンプレサ
 2m SSBの件以後、TA2011Sを検索。あるサイトで、データシート推奨回路は、アタックタイムは50mSとかなり長いため、SSB のリミッタとしてはアタックタイム過渡特性の改善(2mS程度)が必須のようです。今回参考にした回路はTA2011Sの6番端子の定数をオリジナルから変更し(音圧)レベル調整タイミングを連続可変できます。テスト交信で「音がプツプツ」はタイミング調整不足だったかもしれません。
TA2011Sコンプレッサー
TA2011Sコンプレッサー


●別回路
 「TA2011Sによるリミッター機能をもったマイクアンプの制作」という記事や、JRC製NJM2783でメーカデータシート応用回路例を知り、製作を試みていこうと思っています。

都立小宮公園 移動運用

 12月中旬の土曜日の午後、デイバックにカメラとハンディー機FT1XDを入れ都立小宮公園に出発。公園はひよどり山山頂上付近から谷間に広がる自然公園で、公園入り口から野鳥の声を聴きながらのんびりと木道・遊歩道を歩き、少し汗をかく頃に稜線広場に着きます。広場にあるテーブル・ベンチで一休みをかねてFT1XD(2.5W)、SRH779(ホイップアンテナ)で手軽な移動運用を楽しめました。

小宮公園20161217
谷間は木道が整備され歩きやすい。

小宮公園20161217
本日の交信は3局(59/59)で散策がメインとなりました。

小宮公園20161217
綺麗だ。

小宮公園20161217
JI1SMA   

Appendix

プロフィール

osachan

道楽のブログにようこそ。

アマチュア無線局
コールサイン:JI1SMA
JCC# 1002

主な趣味
フライフィッシング。フライタイイング。
真空管&Trアンプ作り。電子工作。
ながら天体観測。

好きなこと
低山歩き。オイカワ釣り。
女性VocalJazzを聴くこと。天文学。

気になること(よく分からないから)
ニュートリノ。素粒子。
インフレーション理論。調弦理論。

旧ブログ:道楽の日々

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

算数でわかる天文学

¥3,240

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR