Latest Entries

DJ-G7のバッテリー

DJ-G7で交信中電源が落ちました。
送信パワー 2.0W(ミドルパワー) で交信開始後、1時間44分 17局目の出来事でした。当局の不注意で17局目の局長さんにはご迷惑をおかけしました。

移動運用でバッテリー残量は気にして確認していたのですが、DJ-G7初運用のためバッテリアイコンの表示傾向や運用時間データーがなく、失敗しました。

バッテリアイコンが2つ(DJ-G7は2つがフル)を確認したのですが、2つから1つになっていたことを見落としたのかもしれません。今後、DJ-G7の運用はミドルパワーで1時間30分が目安です。

DJ-G7_0716
表示部右上の■がバッテリー残量表示です。(見逃した~)

バッテリーパックを外し、デジタルテスターで電圧を測ると、0Vでした。バッテリーパック内に制御回路などあるのか、正直0V表示は驚きました。

430用 自作7エレループアンテナ

帯綱4エレループアンテナ改良型として7エレループアンテナを作りました。□15mm角材でブーム剛性とハンドリングを高める、帯綱のループが円に近づくようソケット長さ7mm短縮、伝送ロス42%改善(メーカ200MHz比較)、移動運用エレメント着脱性も少し向上。エレメント長、配置など基本仕様はグローバルアンテナ研究会のGS-7を参考にしました。 完成後 FT1XD で移動運用できず、機会をみて使ってみます。

自作_7エレ帯綱ループアンテナ
給電部。 φ4銅パイプより作り、M3木ねじで固定しました。放射エレメントをスライドしてSWR調整ができます。(効果は不明ですが)

自作_7エレ帯綱ループアンテナ
φ4銅パイプを楕円形に潰したエレメントソケットを瞬間接着剤で仮固定したブームと指定寸法に切断した帯綱。放射用エレメント長は指定寸法+4mmにしています。

自作_7エレ帯綱ループアンテナ
#20綿糸を巻いたエレメントソケット部です。瞬間接着剤を含浸補強します。4エレはエポキシ接着だけのため自宅取扱中に剥がれたときの補修で行った方法です。フライロッド印籠継口補強巻きがヒントです。

自作_7エレ帯綱ループアンテナ
7エレループアンテナ全景。

自作_7エレ帯綱ループアンテナ
給電部と放射エレメント調整部です。ケーブルは3D-2V、2m。はんだは工作用の6:4です。Pbフリーはホビーが楽しくなくなるので、辞めました。

自作_7エレ帯綱ループアンテナ
#20綿糸に瞬間接着剤を含浸補強したエレメントソケット部。ソケット開口部に瞬間接着剤が流れ込まないように注意してたっぷりと含浸させます。

自作_7エレ帯綱ループアンテナ
反射エレメント側より各エレメントの位置を確認。こんな感じでも、手持ちのSWR計SX27Pで430~440MHz全域で1.2以下でした。(ほとんど針が振れないので)

失敗
7エレループアンテナを接続するFT1XDはSMA-BNC(J) 変換を付けています。なのに、3D-2VケーブルにBNC(J)コネクターをはんだ付けしてしまいました。付け替えありですが、BNC(J)ーBNC(P)変換します。

移動運用にGITZO三脚(G1118)

 徒の移動でアンテナを保持する軽量三脚が必要と感じ、候補はスリック450G-8、500G-8。ポッチとするのをこらえ、GWの後半初日、ハードオフへ。期待もせずコーナーへ行くと、特徴あるハンマートーンを発見、GITZOです。値札は即買い価格。レジに行く前、脚の伸縮、エレベータの昇降、雲台の固定力などなどチェック、合格。レジでGWキャンペーン20%offでした。多少重いですが、GITZO G1118(G1171雲台付き)を手に入れました。

GITZO 三脚 G1118 + G1171
GITZO 三脚 3段エレベーター1型 G1118(雲台G1171付き)です。程度良く、ほとんど使っていないようです。このG1118なぜか情報があまりありません。購入金額が@4,320。付いている雲台G1171が買えるかどうか?ですので、個人的に喜んでいます。

GITZO 三脚 G1118 + G1171
こんな感じで、トップの金物にはM型ジャックがあり、モービルBS7やバイコニカルアンテナが接続できます。黒色3段ポールの先端はカメラ固定用の1/4インチネジがあり、自作4エレループなど、色々付けられます。

ある日のAM・PM 移動運用

AM(午前)
朝から、どしゃ降りのAM。バイコニカル アンテナをマグネット基台に付け、車の屋根上へ。窓を少し開けケーブルを引き込みます。サイド(窓)バイザーの掃除は大変ですが、そのおおかげで、ケーブルが U 字になり、雨は入らず快適です。
移動運用 AM


PM(午後)
雲が低く薄暗い、雨上がりのPM。屋根のバイコニカルはAMの運用そのまま、ひよどり山付近に移動。ここのロケーションは最高です。
移動運用 PM


AM/PM、延べ2時間、11局と交信できました。
交信していただいた局長さんありがとうございました。

バイコニカルアンテナと移動用ケース

 コメット CBC-70 バイコニカルは利得6.0dbiで利得数値は常置場所のGP-1と同等。FT1XDと自作4エレ帯綱ループ移動運用でCQ呼出に疲れ、SRH779で応答にまわると利得不足を感じます。CBC-70 バイコニカルならば、利得不足感も解消できると思い、西八王子のハムショップで購入しました。

 
バイコニカル CBC-70
 横にあるのは9V 006P形 角型です。大きさが分かると思います。

バイコニカル 移動用箱
移動運搬中、エレメントが曲がると壊れるため、移動用ケースを作りました。水玉が・・・、。フィールドでは目立ち良いと思います。(そう思うことにします)

バイコニカル 移動用箱パーツ
材料は全て100円ショップ、原価400円です。 が、試行錯誤で実際は3倍ほど買い込みました。

バイコニカル&デイバック
25リットル デイバック。 まだ余裕があり、4エレループも入りそうです。(*^_^*)

続きを読む

Appendix

プロフィール

osachan

道楽のブログにようこそ。

アマチュア無線局
コールサイン:JI1SMA
JCC# 1002

主な趣味
フライフィッシング。フライタイイング。
真空管&Trアンプ作り。電子工作。
ながら天体観測。

好きなこと
低山歩き。オイカワ釣り。
女性VocalJazzを聴くこと。天文学。

気になること(よく分からないから)
ニュートリノ。素粒子。
インフレーション理論。調弦理論。

旧ブログ:道楽の日々

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

算数でわかる天文学

¥3,240

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR